埼玉県北東部の鴻巣市を旅行する際のおすすめスポット

鴻巣市とはどんなところ?

鴻巣市は埼玉県の北東部に位置する自治体で、2000年代半ばに北側の吹上町と北東側に位置していた川里町を編入して大きく面積を広げました。そんな鴻巣市内には幾つかの名所がありますが、2010年代に入ってある歴史関連スポットの人気が爆発して観光需要が伸びています。

“埼玉県北東部の鴻巣市を旅行する際のおすすめスポット” の続きを読む

世界自然遺産である屋久島の旅を満喫しよう

島全体の約2割が世界自然遺産に登録されている

鹿児島県にある屋久島は、海岸部は亜熱帯、中心部は北海道と同じ亜高山帯という特異な生態系のため、多種多様な植物が繁栄しています。また固有種も多いことが評価され、1993年に世界自然遺産に登録されました。また、雨が多い島でも有名です。島の南側は晴れでも、北側は雨なんてことも良くあることだそうで、旅行をする際は、きちんとした雨対策を行った方が良いでしょう。
屋久島へのアクセスは、フェリーを利用するなら鹿児島本港南埠頭から約4時間、高速船なら種子屋久旅客船ターミナルから直行便で約1時間45分です。鹿児島空港から約35分で着く飛行機もあるので、時間や予算に合わせて利用してください。

“世界自然遺産である屋久島の旅を満喫しよう” の続きを読む

チェコ・プラハの朝はココ!ごった返す前にとっておきの景色を

明け方のカレル橋へ行こう

チェコ・プラハで最初に訪れたいスポットは、カレル橋です。幅10mほどの橋上は、ミュージシャンやパフォーマー、それらを楽しむツーリストでにぎわっています。車もトラムも乗り入れることのないこの橋は、広場のようでもあり楽しいですよ。ですが、欄干に並んだ30体の石像や14世紀にこの橋を建設した者に思いを馳せてみるには、少し騒々しいので、カレル橋を訪れるのなら、夜明けを目指しましょう。暁のほの明かりと去り行く闇の中でしか感じられないディテールやプラハの歴史の深さを知るために、この時間帯でなくてはなりません。

旧市街から突き出すいくつもの塔が朝陽を受けて、シルエットの全容がやがて見えてくるまでのわずかな時間、その素晴らしいひと時を味わってこそプラハに来たといえるでしょう。かつて、ヨーロッパ最大の都市として栄えていたこの街のプライドがその風景に隠れていますよ。

“チェコ・プラハの朝はココ!ごった返す前にとっておきの景色を” の続きを読む

食都と食材の宝庫の島を訪れよう!カナダのグルメ旅は面白い

食の都モントリオールは深い

サンローラン川の左岸に発展した北米のパリとも称されるカナダの都市、モントリオールは、街を散策しながら各建築を巡る旅もいいですが、グルメ旅も楽しいですよ。カナダならではの緑多いモントリオールの住民の大半はフランス系カナダ人で、フレンチの聖地でもあり、北米大陸におけるフランス文化の地でもあります。とはいえ、古くから移民を受け入れてきた寛容な国際都市であり、多民族が互いにに共存する中で、独特な文化が形成されました。そのため、よく観察すると、通りによってさりげなく区分するように、異文化の佇まいも感じることができるんですよ。

フレンチはもちろんですが、中華街にリトル・イタリーなど、この街のおおらかで自由な気風も実感することができるでしょう。極上のフレンチを堪能したら、B級グルメも楽しめるのがこの街の魅力になります。フライドポテトにグレイビーソースと粉々のチーズカードをかけたプーティンやモントリオールのセサミベーグルなど、街歩きしながら楽しんでもいいでしょう。

“食都と食材の宝庫の島を訪れよう!カナダのグルメ旅は面白い” の続きを読む

東南アジア初心者におすすめ!ベトナムの人気観光スポット

人気ランキングトップの観光地

東南アジアの人気観光地として、ランキングトップにくるのがベトナムです。南北に長いこの国は、あらゆる場所に観光名所を有しています。北部ではハノイやハロン湾周辺、中部ではフエ・ホイアン周辺がおすすめスポットです。南部に行けばホーチミンやメコンデルタがあり、山岳地帯のダラットも見どころが豊富です。海側ではニャチャンがおすすめで、山から海まで絶景を堪能できます。経済発展著しい同国ですが、物価は比較的に安定しています。

“東南アジア初心者におすすめ!ベトナムの人気観光スポット” の続きを読む

1000年を超える歴史と美!チェコ・プラハの記憶のかけらを探そう

幻影の街プラハへ行こう

霧にけぶるプラハの街は、美しく中世の面影そのままで、沈黙のうち5000年の歴史を語る街は、ほかにないでしょう。人に馬車に、車の往来に磨かれてきた石畳は、中世の匂いを宿していて、濃厚な街の記憶へといざなってくれますよ。天まで届きそうなゴシックの尖塔、ドラマティックなバロック装飾、世紀末のうねりを伝えるアールヌーヴォーの曲線など、ロマネスクが近代まで長い歴史を凝縮した街並みの彩りは、今はなき王国の華麗さを彷彿とさせます。

古都は二度の大戦を免れ、資本主義経済の高度成長に巻き込まれることもありませんでした。一国の首都が、これほどの中世の遺物を内包したまま発展した例はまれです。早朝、ヴルタヴァ川からたちのぼる霧に包まれた街には、幻想的で黄金の冠の建物の国民劇場に、レギー橋をとことこと走るトラムが見え、愛らしくうつります。プラハに行けば、望むままに中世を旅することができますよ。

“1000年を超える歴史と美!チェコ・プラハの記憶のかけらを探そう” の続きを読む

新たに生み出される黄金伝説!ドバイパワーを感じる街歩き

圧倒される近未来都市・ドバイ

今や豪華なイメージのドバイが、1800年代前半までは、素朴で小さな漁村だったということはあまり想像つかないかもしれません。オールド・ドバイを除いて、現在のドバイといえば、世界中のブランドショップが集結するショッピングモールに、金の塗装をした高級車が道路を走るなど、素朴さとは無縁といっても過言ではないので当然かもしれません。高層ビルにスキー場など奇想天外なスケールと近未来的な施設の登場で人々を驚かせ、今や、中東の中でも中心都市の一つとなっているほどです。わずか数十年で、砂漠地帯がこの大都市になったという圧倒的なパワーと中東諸国からの羨望の眼差しを感じるために訪れるのもいいでしょう。ドバイならではの豪華なサプライズは、ほかの国では体験できませんよ。

“新たに生み出される黄金伝説!ドバイパワーを感じる街歩き” の続きを読む

海洋国家の栄華を感じよう!イタリア・ジェノヴァの宮殿へ

三大宮殿を堪能しよう

16世紀、国際商業都市として多くの外国人を迎えていたジェノヴァは、商いや銀行業、海運業で富裕を極めた商業貴族の宮殿を格付けし、巻紙の書画にまとめていました。宿泊客の貴賓に応じて、適切な宮殿を割り当てる仕組みを作っていたのです。後の世の星の数による評価の先駆けでもあります。この格付けシステムと書画に記載された42の宮殿は、世界遺産に登録されています。中でも、最上級格付けの宮殿がズラリと並んでいる通りはおすすめです。

ストラーダ・ヌォーヴァという、現在のガリバルディ通りで、まっすぐにひかれた街区に風格と優雅さに満ちた宮殿が連なる美しさは、有名画家が一軒一軒スケッチにおさめたほどで、そのリュクス偏差値の高さがうかがえます。当時、ジェノヴァの歓待は豪華さで知られ、貴族からの注文の多さもあり、芸術家は皆、長期滞在を希望し、結果的に、ルネサンスからバロックにかけて多くの絵画作品が残されたのです。現在は、3つの宮殿で絵画が公開されています。まずは、パラッツォ・ロッソ、赤の宮殿から巡り、ジェノヴァの威光を感じてみましょう。

“海洋国家の栄華を感じよう!イタリア・ジェノヴァの宮殿へ” の続きを読む

イタリア屈指のリゾートへ!小さな港町ポルトフィーノとその近郊でヴァカンスを

紺碧の有無と歴史的リゾートへ

高級なだけでなく、エスタブリッシュメントな優雅さを備えている稀有なリゾートが、イタリアにはあります。それが、ポルトフィーノです。中世、リグーリア海から隠れた小さな湾を、ジェノヴァ共和国は嵐の際の避難場所として使っていました。戦後、車が普及し、海沿いの道が開通するまで、隣のサンタ・マルゲリータ・リーグレへは、山道を歩いて2時間もかかったほどです。そのため、ポルトフィーノは、陸の孤島といえる小さな漁村でした。
しかし、隔絶された美しい港は、プライバシーを守りながら海の傍で過ごせる上質なリゾートにもなり得ます。イタリアの伝説的なベストドレッサーなどもこの地に別荘を持っています。超一流の客に磨かれ続けた優雅なホスピタリティとヴィレッジ然とした温かさが同居するのが、ポルトフィーノです。優美な輝きを放ち、名だたるセレブたちを魅了し続けてきたリゾートをぜひ訪れてみましょう。

“イタリア屈指のリゾートへ!小さな港町ポルトフィーノとその近郊でヴァカンスを” の続きを読む

海辺ならではのアートな空間で静かな恍惚に浸る!静謐な街セストリレヴァンテへ

地元名士の館の雰囲気をそのままに

秋でも晴れた日は海水浴が楽しめるイタリアン・リゾートが、セストリレヴァンテです。豪華なリゾートというよりも、大人がゆっくりと優雅なひと時を過ごせる、隠れ家的な雰囲気が漂っています。そんなセストリレヴァンテは、北欧の有名児童文学作家がしばらく住んでいたこともあり、アートな息遣いが今も残っています。おすすめは、ガレリア・リッツイです。静寂な湾の弧を描くような海岸線の真ん中にポツンと立っている小さな美術館です。水面に反射した光が天井や壁の上で揺らめいているのも、この美術館ならではになります。もともと地元名士の館で、絵画コレクションを並べたのが始まりなので、邸宅美術館のような雰囲気です。ジェノヴァ派やトスカーナ派など北イタリアを中心とした画家のコレクションに加え、家具や陶磁器などもあり存分に楽しめますよ。家具は、香辛料や薬をしまっていた整理棚などで、象嵌細工が美しく必見です。

“海辺ならではのアートな空間で静かな恍惚に浸る!静謐な街セストリレヴァンテへ” の続きを読む