イタリア屈指のリゾートへ!小さな港町ポルトフィーノとその近郊でヴァカンスを

紺碧の有無と歴史的リゾートへ

高級なだけでなく、エスタブリッシュメントな優雅さを備えている稀有なリゾートが、イタリアにはあります。それが、ポルトフィーノです。中世、リグーリア海から隠れた小さな湾を、ジェノヴァ共和国は嵐の際の避難場所として使っていました。戦後、車が普及し、海沿いの道が開通するまで、隣のサンタ・マルゲリータ・リーグレへは、山道を歩いて2時間もかかったほどです。そのため、ポルトフィーノは、陸の孤島といえる小さな漁村でした。
しかし、隔絶された美しい港は、プライバシーを守りながら海の傍で過ごせる上質なリゾートにもなり得ます。イタリアの伝説的なベストドレッサーなどもこの地に別荘を持っています。超一流の客に磨かれ続けた優雅なホスピタリティとヴィレッジ然とした温かさが同居するのが、ポルトフィーノです。優美な輝きを放ち、名だたるセレブたちを魅了し続けてきたリゾートをぜひ訪れてみましょう。

海と森に囲まれた修道院へ

ポルトフィーノに滞在するついでに立ち寄っておきたいおすすめスポットが、モンテ・ディ・ポルトフィーノと呼ばれる、今なお、道路の通っていない隔絶された地区です。そこにあるサン・フルットゥオーゾという古い修道院が遺っています。碧い海に相対するこの修道院は、ポルトフィーノからひと山向こうの反対側に位置し、30分ほど船に乗るか、2時間ほどのトレッキングが必要になります。俗世とは離れたこの地に修道院が建てられたのは10世紀のことで、入り江の奥にビーチ、そして、その後ろにこの修道院が控えていて、まさにサンクチュアリにふさわしいです。新鮮なシーフドを楽しめるレストランもあるので、修道院を散策してランチやビーチも楽しんでもいいでしょう。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です